ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 01日

映画鑑賞録

今年観た映画(DVD)をこの記事にまとめておこうと。
たいしたことは書けませんが、記録としてあればいいかな。


(1) 1月2日 電車男

TVドラマも少し見ましたが、こちらの方が好感が持てました。主人公・ヒロインの名前もなく、原作のイメージに近いと思います。山田君も中谷美紀さんも素敵でした。



(2) 1月3日 ビッグ・フィッシュ

トム・ハンクスの「フォレスト・ガンプ」を想い出しました。寓話的なストーリーで、面白かった。ティム・バートンらしい作品です。ユアン・マクレガーがよかった。


(3) 1月4日 パッチギ!

井筒和幸作品。いい方の井筒作品だと思います。「ゲロッパ」では、少しがっかりさせましたが、切れ味のいい快作です。思想的なことや民族的なことを持ち出さないで、この時代の香りを味わうことが大切だと思います。沼尻エリカさんが目立ちましたね。


(4) 1月7日 ハウルの動く城

いまいちの評判で、見るのを躊躇われたのですがいい作品でした。倍賞さんへの思い入れがどうかと思いますが、彼女の演技力もたいしたものです。夢のある作品でした。劇場で見ればよかったと思います。


(5) 1月14日 四日間の奇蹟

石田ゆり子と吉岡秀隆で、何とかなればよかったのですが、残念な結果。同じネタでも「いま、会いにいきます」とはエライ違いになりました。演出だけの責任ではなく、脚本にも責任がありそうだと思います。感情移入できましぇん。


(6) 2月12日 宇宙戦争

スピルバーグの超大作。これも評判がいまいちで、見るのを躊躇われた作品です。でも我が家の5.1chでも十分に楽しめました。「ジェラシック・パーク」だと思えば、ぜんぜん面白い。最後までハラハラできました。


(7)2月19日 遙かなる山の呼び声

四半世紀前の山田洋次作品。高倉健のすばらしさがよくわかりました。かっこいいです。最後はツボにはまりました。泣けます、倍賞さんすてきです。吉岡君は天才です。山田作品にちなみのあるハナ肇、渥美清すべてがいいです。


(8)2月19日 エイリアンVSプレデター

WOWOWで午後10時からの放送だったので、見ちゃいました。二十世紀フォックスのキワ物映画。エイリアンはともかくプレデターはマイナーですね。プレデター1はシュワちゃんのおかげで面白かったけど。それなりに最後まで見られて、ケチをつけたらきりがありません。コワ面白いということで。でもあまり怖くなかったので、エイリアンがじっくり見られたかな。SFXの進歩には驚きますね。


(9)3月26日 県庁の星 川崎TOHOシネマズにて

11ヶ月ぶりの映画館。プレミアというシアターで最高の施設でした。こんなところで映画を楽しめるなんてシアワセです。映画の方はというと、「踊る」の織田裕二が今度はエリート官僚として登場します。民間との交流で三流スーパーに派遣される。「スーパーの女」と同じように、バックヤードの部分が楽しめます。演出もスムーズに流れ、2時間10分もつらくなかった。(椅子のお陰かも)ただ、そつのなさが観たあとの後味までいかない寂しさもあるような気がします。もうすこし、達成感が欲しかったかな。


(10)4月24日 プロデューサーズ 横浜みなとみらいワーナーマイカルシネマズにて

ネイサン・レインとマシュー・ブロデリック。地味な配役のこの映画を観たのは、ほかのものは時間も合わない、面白くなさそうと言うことで、ダメ元で見ることにしました。残念ながら昼食の後で、前半は寝てしまいました。でも途中からはなかなか面白く見ることができました。
となりのカップルがチョコレート菓子をむさぼるように食べていて、匂いがたまりませんでした。おしゃべりはするし、マナーはなかなか難しいものです。


(11)4月27日 リンダ リンダ リンダ

笑って、泣けて、キュン とくる21世紀型青春バンド・ムービーの誕生! 年齢的について行けないところはたくさんあるけど、ブルーハーツはすごい!なんだかすごい!


(12)4月28日 容疑者室井慎次

劇場公開の時にけっこうヒットしていたようなので、期待をして見ましたががっかり。君塚良一は脚本家としてはそれなりにですが、演出家としては?です。「踊る」にしては盛り上がらずでした。またセットとしてはあまりに切ない警察署で、なんだかなぁ。


(13)5月7日 いちご白書
30数年ぶりに見ました。ユーミンで有名になりましたが、この時代メジャーのMGMが作った青春映画です。ほとんど憶えていなかったのですが、ハードだった思い出が意外に画像が綺麗だったり甘かったりでずいぶんと印象が違いました。でも見てよかった…。


(14)5月19日 1リットルの涙
実話の映画化。この頃、こういう涙ものに飢えております。なかなか泣けました。


(15)5月21日 8月のクリスマス
山崎まさよし主演のこれまた主人公が死んでしまう物語。富山県高岡市が舞台で、ロケーションがとても綺麗です。それにしても金かけてない映画です。
[PR]

by arizo02 | 2006-01-01 15:21


<< 晴海トリトンスクエア3      読書録 >>