ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 04日

ハンカチの木 神奈川県相模原市

ゴールデンウイークはやっぱり近場でのんびりと。今日も国道246号線を相模原市までdaisyと遊びに行きました。こちらは神奈川県立相模原公園と相模原市立麻溝公園が隣り合っている広ーい公園になっています。駐車場は麻溝公園の方に留めると無料(とてもうれしい)です。


e0000746_22295217.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
麻溝公園の広い芝生の広場は、とても気持ちよさそうです。でも数年前から犬連れは入れなくなりました。落とし物を片付けない飼い主が多いせいですね。悲しいです。

e0000746_22301291.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
空の上を軍用機が飛んでいます。時折戦闘機がとんでもない爆音を残して行きます。昨日の泉の森はすごかったんですが、今日はそれほど頻繁ではありませんでした。

e0000746_22302554.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
相模原公園の方の植物園です。立派な建物です。入ったことがありません。

e0000746_22304579.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
その隣の並木と噴水の広場です。鮮やかな緑ですね。

e0000746_22305896.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4


e0000746_22311857.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
カミさんがdaisyの写真を撮影中。横顔を撮ってみました。



ところで相模原市立麻溝公園では、「ハンカチの木」とよばれる珍しい植物が植樹して7年目で初めて開花したそうです。「ハンカチの木」とは、中国で発見された植物で、「ハトの木」や「ユウレイの木」などとも呼ばれていて、植物界のパンダだそうです。一科一属一種の珍種で、白い花びらのように見える部分は、大小二枚の垂れ下がった苞(ほう)で、この特異な形状が人目を惹いて「ハンカチの木」と名付けられたそうです。別名のハトは天使のハトで、ユウレイは聖霊のことと考えられているとのこと。日本では、一九五八年に小石川植物園に導入されたものが最初だそうです。


e0000746_22313517.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらがその木です。4月下旬に満開だったそうですが、すっかり終わっているようでした。

e0000746_22314812.jpg
(8) pentax *istDs2+tamron 28-200mm F3.8-5.6
何枚か残っていましたが、わかりますか。このハンカチがいっぱいになっていたようですね。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-05-04 22:47 | 2006ゴールデンウイーク


<< みなとみらいから山下公園へ      泉の森公園 神奈川県大和市 >>