ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2006北信濃 春の旅( 16 )


2006年 04月 28日

北国街道 海野宿 長野県東御市

上田城千本桜まつりを見た後、もう少し時間があったのでこの旅の最後の街へ。上田から10kmほど小諸側に向かい、東御市の海野宿を訪ねました。海野宿の街並は、江戸時代の旅籠屋造りや、茅葺き屋根の建物と、明治以降の堅牢な蚕室造りの建物とがよく調和して伝統的な家並となっています。道の中央を流れる用水、その両側に立ち並ぶ格子戸のはまった家々は、しばしこの街の長い歴史を想わせてくれました。


e0000746_23155371.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
海野宿の特徴はこの街道の中央に水路があることで、表の川と呼ばれているそうです。

e0000746_2324183.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ほとんどの家々にはこの格子が。海野格子と呼ばれています。

e0000746_23181014.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
さらに特徴的なものが建物の端にある卯立(火廻し)です。裕福な家だからできるものなので、これから「うだつがあがらない」という言葉が生まれたそうです。

e0000746_23185918.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらにも立派な卯立が。

e0000746_23203389.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
海野格子が美しい家です。

e0000746_23221847.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
二階の屋根の上のものは気抜きとよばれるもので、空気の流れをよくするためのものだそうです。

e0000746_2321542.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4



このまま上信越道に乗り、平日だったので渋滞にも巻き込まれず、我が家へ帰りました。とても短い二泊三日の北信濃の旅でしたが、ご覧のようにとても充実した楽しい思い出ができました。長い記事になりましたが、見ていただいてありがとうございました。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-28 23:40 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 28日

上田城 千本桜まつり 長野県上田市

菅平を抜け、上田市内に。上田城趾は戦国武将・真田昌幸が築城し徳川の軍勢を2度にわたり撃破した名城。お堀沿いに並ぶ約750本の桜が一斉に咲き乱れる様子は、まさに春乱舞でした。園内には、県の指定文化財でもある西櫓が現存しています。時代の流れを見守り続けた櫓を背景に舞い散る桜の花びらが、驚くほどの景色を展開していました。


e0000746_19471246.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
南側の駐車場から。

e0000746_19473085.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
そこからお堀の外側を歩いて、門の方に歩きます。

e0000746_19474452.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
お堀の両側が桜満開となっていました。

e0000746_19475920.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4


e0000746_19481410.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4


e0000746_19482859.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
城内の真田神社です。

e0000746_1950336.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4


e0000746_19533220.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-28 19:56 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 27日

なぜか雪の菅平スキー場へ

小布施からそろそろ我が家への帰り道を考えつつ。上信越道で考えると上田市を通ります。上田城の桜まつりが満開とのことで、まだ時間もありますので、寄ってみることになりました。上田までなら一般道でもいいか…。ということでナビにお任せしたら、菅平高原経由の山越えとなったのです。ところが…


e0000746_13563351.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
峠道を上っていくとだんだんと視界が…。どんどん霧が濃くなりました。

e0000746_13565677.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
くねくね道なので、どちらにしてもスピードが上がりませんが、やっぱりコワイです。

e0000746_1357715.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
頂上近くになったら、あれれ、なんと霧が少し晴れて青空が見えてきました。

e0000746_13571960.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
まだまだ雪の残るスキー場です。でも誰もいませんね。

e0000746_13573491.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
誰もいない銀世界。またもdaisyおおよろこびです。

e0000746_13575250.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
走っております。

e0000746_13595862.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
ここでdaisy、何を思ったか雪をたくさん食べてしまいました。クルマに戻ると、ガタガタと震えまくってしまい、ちょっと心配になってしまいました。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-27 14:05 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 27日

再び小布施で 蔵部の信州牛を

昨日の小布施の街で、気になっていた「蔵部」というお店。東京・築地あたりだったら高級割烹というか料亭の雰囲気です。瓦屋根のおしゃれな佇まいに、やっぱりここで昼食をとりたいと思いました。実はここは升一市村酒造場という造り酒屋さんのお店です。また小布施堂という和菓子屋さんが母体となっているとのこと。だから街角全体の調和がとれているんですね。



e0000746_1112298.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
予備知識なしで連れてこられたら、ちょっと入りにくいかもですね。

e0000746_11121499.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
なんだかますます格調高いです。

e0000746_11123055.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
店内から眺める中庭です。

e0000746_11124516.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
店内の中央にある厨房、そろいの升一市村酒造場のはっぴで、何ともかっこいいですね。
三升炊きの竈ご飯はとても美味しいものでした。

e0000746_11125736.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
酒蔵を店舗にしたので、とても高い天井です。

e0000746_1113957.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
極上信州牛のランチをお願いしました。まずはおちょこ一杯の地酒ともずくです。

e0000746_11132272.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
薄切りの信州牛。柔らかくて風味がありました。岩塩、わさびでいただきます。

e0000746_1113344.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
デザートです。美味でありました。
この日の昼食は、雰囲気といい、味といい満足のいくものでした。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-27 11:27 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 27日

三日目の朝は雨、そして阿弥陀堂へ

戸狩温泉の朝はざあざあと雨が降っていました。二泊三日の旅ですし、天気予報も今日は崩れると報じていたので、なかば今日の行動予定はあきらめながらの出発です。それでも昨晩の宿のご主人おすすめの野沢温泉を目指しました。野沢温泉への坂を上ります。高地でなおかつ雨なので寒さに震えました。強い風と雨足で撮影はあきらめることに。野沢温泉には無料の外湯があり近くにあった「河原湯」に入りました。熱くて湯船になかなか入れませんでしたが、入った後は極楽でありました。


e0000746_2103984.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
北の家の玄関です。今日は雨ですね。



野沢菜と温泉まんじゅうのおみやげを購入した後、宿のご主人に教えていただいた飯山市の山中にある、映画「阿弥陀堂だより」のオープンセットを訪ねました。ブログ仲間の倫さんの記事でこの作品に触れており、残念ながら未見の映画です。「雨あがる」の小泉堯史監督でしたからそのうちにと思っていましたが、見ておけばよかったですね。


e0000746_1050308.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
ずうっと続く棚田の奥の奥に。途中で不安になるほど上りましたが、見つけたときはほっとしましたね。

e0000746_10554033.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
昨日DVDで映画の方は見ることができました。北林谷栄さんのおうめばあさんの住む「阿弥陀堂」です。

e0000746_10505835.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
こちらから眺める千曲川。雨と靄でほとんど見えませんが、肉眼ではもう少し遠くまで見えていました。映画をみてから、季節やお天気でこうなるのかとわかりました。

e0000746_10515728.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
雪の中のdaisyです。「阿弥陀堂」の静かな雰囲気の中で、思い切り走り回っておりました。

e0000746_10521461.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4


e0000746_10522668.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
楽しそうですね。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-27 11:04 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 26日

北の家 築200年のお部屋とお食事は

戸狩温泉の「北の家」さんは築200年の古民家。スキーシーズンが終わったこの時期は、いちばんお客さんが少ない時期なんだそうです。ですから宿泊したのは私たちだけ。そのせいなのかどうか、とても厚くもてなしていただきました。すごく印象的な宿でした。


e0000746_0184625.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ドアを開けると4畳くらいの部屋があり、そちらで一休みです。荷物もおけてゆっくりできました。

e0000746_01978.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
5ocmほど段差があって、7.5畳ほどの寝室があります。あわせるととても広いお部屋ですね。

e0000746_0192323.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
そのせいか、もう布団が敷いてありました。

e0000746_019382.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
午後6時からの夕食は玄関横のお部屋でいただきました。

e0000746_0195363.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
入って右側には、囲炉裏が。食事後7時半にはまたここに来てくださいね。と奥様がいってくれました。

e0000746_020666.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
お刺身があって、天ぷらがあって、焼き肉があってのご馳走ですね。

e0000746_020203.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
そうしているうちに、奥様がおろし汁を。熱々で驚くほどの絶品の味でした。

e0000746_0203222.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ジャガイモのなます。初めていただきました。
おかずいっぱいで、おなかいっぱいになりました。最高に美味しかったです。

先ほど、奥様に誘われましたので、7時半にこちらに降りてきたら囲炉裏端で鉄瓶のお燗で日本酒をご馳走に。それからご主人と奥様と4人で楽しくお話しできました。こんなことは今までなかったことです。気がついたら10時過ぎ。本当に楽しい夜でした。ありがとうございます。




e0000746_0204672.jpg
(9) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
そのまま就寝。気がついたら朝でした。
その朝ご飯。おかずいっぱいです。またまた気がついたらおかわりしておりました。



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-26 00:35 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 26日

二泊目は戸狩の築200年の古民家へ。

一日小布施の素敵な街を散策して楽しんだ後は、戸狩温泉の宿泊先に向かいました。築200年の古民家という「北の家」さん、今までに経験のない宿泊なので期待と不安でいっぱいです。戸狩温泉への道はそれほど標高が上がっていないにもかかわらずだんだんと雪景色が広がりました。なぜなんでしょうね。


e0000746_23561369.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
坂を登った憶えもないのに、クルマが進むとどんどん周りは白くなってきました。

e0000746_23565318.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
大きな屋根の大きな家です。

e0000746_23573190.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4


e0000746_2358691.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
玄関の広さがすごいですね。私は田舎がないのですが、なんだかふるさとに帰ってきた感じです。

e0000746_00773.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
玄関にはいると目の前が階段になっていました。磨き上げられた床がとても綺麗です。

e0000746_7493867.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
私たちの部屋は2階なので、階段を上がります。

e0000746_015447.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
階段を上がった踊り場の反対側の右側が私たちの部屋でした。何だかいい感じですよね。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-26 00:10 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 25日

信州へ来たらおやきを食べなきゃ

国の重要文化財に指定されている「浄光寺」は、善光寺平では一番古い木造建築物。(室町初期建立600年前)薬師堂に続く静かな参道はおよそ150m程あり癒しスポットとして有名です。境内地に湧き出る後霊泉は地元の方がペットボトルを大量に持ち込んで汲んでいました。でも本当は「大こくお八起」という茶店のおやきの看板に誘い込まれました。カタチがまんまるでないのが意外でしたが、オーブンの直火で焼くという現代風の作り熱々で美味しかったです。


e0000746_23213881.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
浄光寺の入り口です。左側に「大こくお八起」のお店がありました。

e0000746_23215387.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
薬師堂に上がる階段。登りにくそうですが、石段のラインを下から眺めるとまっすぐに見えるとか。

e0000746_2322533.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらのおやきは小判型なんですね。こういうおやきもあるんです。


こちらは小布施堂の近くのおやきのお店「北斎茶屋たなか亭」さんのおやき。これもとても美味しい。
e0000746_23221749.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
丸いおやき、定番ですね。個人的には「野沢菜」がいちばん美味しいと思います。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-25 23:32 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 24日

小布施 泉石亭で栗おこわとお蕎麦を

小布施の和菓子の老舗、桜井甘精堂本店に隣接した泉石亭で、この日の昼食をとることにしました。窓際の席で、日本庭園を眺めながらいただく栗おこわと蕎麦のセットは絶品の美味しさでした。外の日本庭園の奥には栗の木美術館という無料のギャラリーまでありました。


e0000746_21593576.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
右側が桜井甘精堂の売店、左側が泉石亭さんです。瓦屋根の連なりが素敵です。

e0000746_23434680.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
奥の日本庭園が見える席に案内してくれました。苔の緑が目にしみます。

e0000746_220591.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
照明もなかなかいい感じであります。


e0000746_2211343.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
栗おこわとお蕎麦のセット。向かいのカミさんの方は天ぷらせいろです。名産のアスパラの天ぷらが美味しいです。
栗おこわ、さすがに名物だけあってとても美味でありました。もちろんお蕎麦も見た目通りの美味しさで、信州へ来てやっとお蕎麦がいただけました。

e0000746_2212456.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
どうですか。この日本庭園の美しさ。

e0000746_234595.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
左側の白い壁が栗の木美術館、木戸を抜けると栗の木テラスに行くことができます。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-24 22:09 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 24日

栗菓子と葛飾北斎ゆかりの街 小布施

北信濃の街、小布施は昨年の春、長野の松代を訪ねた際に、できれば寄りたいなと思っていて、残念ながら時間の都合で断念した街です。今回はあんずの里とこの小布施の街がメインの旅なんです。あまりに街並みの綺麗なところなので驚きました。


e0000746_21262940.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
おしゃれな雑貨屋さんでした。

e0000746_2122122.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
新聞屋さんですね。

e0000746_21222979.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
老舗の造り酒屋さん、枡一市村酒造場です。

e0000746_21224598.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
小布施堂の栗のお菓子工場、美術館みたいですね。

e0000746_21225990.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらは和菓子の小布施堂ですが、お店の中に入るとすごいおしゃれなレストランになっています。

e0000746_23511960.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
小布施堂のレストランのテラス席です。信州の田舎町には見えませんね。

e0000746_21232140.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
栗の木テラスという洋菓子がいただける紅茶のお店です。

e0000746_21235042.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
蔵部(くらぶ)という和食のお店です。高級割烹の雰囲気です。



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-24 21:36 | 2006北信濃 春の旅