ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2006北信濃 夏の旅( 18 )


2006年 07月 21日

ノーリードで楽しんだ後は

信州も大雨で大変なことになっています。一週間もずうっとお天気悪いですねぇ。というわけで、ネタもないので、先日の北信濃の旅の番外編ということで。戸狩温泉の北の家のご主人に教えられて早朝の戸狩スキー場へ行った時の話。ここではdaisyはノーリードで野山を駆けめぐることができました。


e0000746_18553688.jpg
(1) pentax *istDs2+tamron 28mm-200mm F3.8-5.6
ノーリードといっても、daisyは私たちからあまり離れませんでした。
坂の上の方に来てもちゃんとついてきます。なんだか愉しそうです。

e0000746_20572068.jpg
(2) pentax *istDs2+tamron 28mm-200mm F3.8-5.6
広々として気持ちよかったみたい。


さてそれからのお話しなんですが、北の家に戻り朝ご飯を食べて
飯山市内へ向かったのですが、あまりに愉しかったのでしょうか。

daisyは後ろの専用の箱に入って、気を失っておりました。

e0000746_1855593.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ずいぶん走り回っておりましたから。お疲れだったんですねぇ。
クルマの中ではこんなのんびりした顔は滅多にしないんですが。

e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-07-21 19:01 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 23日

美味しいものを最後まで

戸隠神社の奥社を後にして、せっかく戸隠に来ましたので、前回いただかなかったお蕎麦をお昼にいただきます。少し離れたところに「大久保西の茶屋」というお店でいただきました。店の中に入ったらいきなり大きな岩がありました。あまりに大きくてどけられなかったそうです。


e0000746_0464537.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
お店の前は道路工事をしていて、撮れませんでした。

e0000746_047251.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
右上がお店の入り口です。そこに大きな岩がありました。

e0000746_048039.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ざるそばをいただきました。これじゃ足りないでしょ?
そうなんです。これからおやきをいただきに鬼無里へ向かいます。


戸隠から小一時間かけて、前回に定休日という悲しい思いをした「いろは堂」さんに行きました。


e0000746_0481973.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
きれいなお店です。本当におやきしか売っていません。

e0000746_048313.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらのおやきは他では食べられないし、ここで食べるのがいちばん美味しいそうです。
ほ、本当でした。

e0000746_0484392.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
お店のおねーさんも、そのとおりといっております。


このまま豊科方面を通り、中央高速で帰るために諏訪湖に向かいました。

e0000746_049129.jpg
(7) panasonic fx9
せっかくなので、諏訪湖のほとりの「片倉館」へ寄ってみました。スゴイ立派な洋館ですが、これが共同浴場なんです。中もレトロでした。入浴料500円でとてもリッチ。気持ちのいい温泉で、今度の旅は最後まで楽しむことができました。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-23 00:58 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 21日

戸隠 忍者資料館とからくり屋敷

2階の忍者資料館へ。この資料は戸隠流忍術三十四代宗家初見良昭氏より寄贈されたものだそうです。小学生の頃「風のフジ丸」というアニメーションがあり。忍者ブームということもあって、番組の最後に初見氏が忍術の解説をしていました。同年代なら憶えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


e0000746_20582319.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
おっと。上を見上げるといました。忍者が。

e0000746_2058546.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
もちろん懐かしい「隠密剣士」の時代を思い出させます。手裏剣だぁ。

最後の建物はからくり屋敷。忍者の後ですから楽しみですね。

e0000746_2059934.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
すっかり外は雨です。こんな時に寄ってみるところがあってよかったです。

e0000746_20592345.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
全部壁だと思うと、どちらかを触ったり、押したりすると開きます。

e0000746_20593690.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
普通のお部屋に見えますか。なんとなく蛍光灯のスイッチのひもが変ですね。



e0000746_20594913.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
実はこういう形の部屋でした。しばらくここにいると気持ち悪くなります。

e0000746_2102191.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
奥社の前に寄ってみました。2ヶ月前とは全然違う風景がそこにありました。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-21 21:14 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 21日

いもり池から戸隠山へ

ゆっくりくつろいだ「ロッジ・ライネ」さんを後にして、妙高山がいちばんきれいに見える「いもり池」に向かいました。天気もどんより、朝早いせいで誰もいない状況です。近くのお店もまだオープン前でした。


e0000746_20333980.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
青空で空気が澄んでいたら、きれいなんでしょうね。

e0000746_2033531.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
池の反対側から。真ん中に茶店が少し見えますね。

e0000746_2034958.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
一周すると、手前が開けてきれいに妙高が見られました。

e0000746_2034296.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
daisyも雨が降り出しそうなので、あまり元気がありません。

今にも降り出しそうな雲行きなので、先を急ぐことにします。前回食べられなかった鬼無里のおやきを前に、戸隠でお蕎麦を食べようと。まだ時間がありましたので、戸隠神社の奥社の前にある「忍者屋敷」に寄ってみました。


e0000746_20373251.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
園内には三つの建物があり、最初が民俗資料館になっていました。

e0000746_20374930.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
戸隠の籠細工です。きれいな笊の模様ですね。

e0000746_203816.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
バスの車掌さんの鞄です。小学生の頃、バスになるとこれを持った車掌さんから切符を買いましたね。

e0000746_20493443.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
隣の建物は忍者資料館と書いてありましたが、1階は民俗資料館の続きでした。こちらはいろいろなタンスが展示してあります。

e0000746_20494682.jpg
(9) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらは囲炉裏の部屋です。なんだか北の家さんに戻ってみたい。

e0000746_20495811.jpg
(10) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
古民家そのものですね。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-21 20:44 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 21日

赤倉スキー場のdaisy

ロッジ・ライネさんの前は赤倉スキー場。道路はアスファルトですが、その横にはリフトがあります。そこは緩やかなスロープの芝生の広場になっていて、よく見るとパターゴルフ場になっていました。


e0000746_19323752.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
広いアスファルトですが、雪が降ったりすると狭くなるんでしょうか。

e0000746_1932546.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
妙高が何とか見える状況で、この日は雨の予報です。

e0000746_19331540.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
二日続けてリードを離れて、daisyはうれしそうです。

e0000746_1933273.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
でも、だんだん近づいてきます。

e0000746_19333941.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
やっぱりなんかして、いっしょに遊びたいようです。

e0000746_19335151.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
妙高をバックに記念写真でした。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-21 19:38 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 20日

ロッジ・ライネで美味しく

妙高高原赤倉の「ロッジ・ライネ」さんはお料理が自慢の宿と言うことです。実際に着いてみるととても気さくなご主人で、お部屋もとても広くて寛ぐことができました。


e0000746_21321094.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
スキー場のリフトの前の通りに面しています。なんだかこんな建物が並んでいました。

e0000746_21322345.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ぴったりと隣の建物に寄りそうかたちになっています。二階の左側のお部屋でした。

e0000746_21323864.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらがお部屋です。応接セットの他に7.5畳の広さで、とてもゆったりしていました。

e0000746_21325322.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
夕食です。真ん中の牛のタタキが美味しそうです。

e0000746_2133517.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
後から焼きたての豚のステーキです。熱々でした。

下の写真は次の日の朝食です。

e0000746_21335588.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
豪華な朝食ですね。ついご飯のおかわりをして、食べ過ぎてしまいます。


e0000746_11375437.jpg



copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-20 21:40 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 20日

秘湯 燕温泉 黄金の湯へ

野尻湖でのんびり過ごしても、まだ赤倉の宿へ行くには時間がありました。途中の「道の駅」でもらったパンフレットに燕温泉のことが書いてあり、燕温泉の「河原の湯」というところが、温泉の色が乳白色のお湯でとてもよさげです。距離もそんなに遠くないので行ってみることにしました。


e0000746_2155842.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
20分ほど細い山道を登ってでしょうか。秘湯の看板の駐車場にクルマをおいて、ずうっと歩いて登ります。上の方は温泉宿が集まっているようです。

e0000746_2161665.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
温泉宿を歩くともう硫黄の匂いでいっぱいです。途中には足湯(足湯治とかいてあります)もありました。

e0000746_2163350.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
さらに登って、下を見ると温泉街でした。急な坂ですね。

e0000746_2164698.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
ここから12分ほど歩くと河原の湯ですが、途中の橋が工事中で行けませんでした。左に行くと2分で「黄金の湯」というのがあるみたいです。

e0000746_217490.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
上を見上げると、妙高が居丈高に襲いかかるよう見えていました。

e0000746_2172043.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
2分といっても急な坂をまた登ることになりました。やっと着きましたが、ありがたいことに無料の温泉でした。

e0000746_2173379.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
乳白色の温泉で、とても気持ちのいいお湯でした。満足、満足です。


というわけで、時間もちょうどいいところで赤倉の「ロッジ・ライネ」さんに向かいました。赤倉スキー場が目の前の宿でした。

e0000746_21171876.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
右の三軒ならんだ真ん中の少し控えめな建物が「ロッジ・ライネ」さんです。

e0000746_21173482.jpg
(9) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
反対側は赤倉観光ホテルの敷地です。



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-20 21:22 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 19日

信越高原 野尻湖へ

二日目の宿は妙高高原です。妙高へ行く前にまだ時間があるので、まずは野尻湖へ寄ってみることにしました。飯山からは斑尾高原を通る、これまた山道を進みます。野尻湖は芦ノ湖や諏訪湖と同じくらいの大きさとのことです。意外に大きいんですねぇ。


e0000746_23122590.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
野尻湖で散歩していても別にどうということもありません。すると遊覧船がありました。右の船、なかなか大きくて立派ですね。

e0000746_23124162.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
お、ペットも乗れるようです。後から書き足したところを見るとペット連れが多いのでしょうか。

e0000746_23125250.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
水曜日の平日ですので、小さな船で遊覧とのことです。面白い形ですね。

e0000746_2313172.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
中に入ってみると、なかなかいい感じです。椅子もソファですね。豪華な感じです。

e0000746_23133057.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
船の上から。正面に妙高山です。

e0000746_23134571.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
野尻湖に出てみるとこんな感じに見えました。daisyもおとなしくしています。

e0000746_23142278.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
途中、遊覧船は弁天島という島に立ち寄りました。そこからの妙高山、左は黒姫山です。


40分ほど遊覧船に揺られて、コーヒーでも飲もうと近くの犬連れも入れるお店で一休みです。久しぶりのアイスコーヒーの感じでした。湖を見ながらだと美味しいです。

e0000746_23241478.jpg
(8) pentax *istDs2+tamron 28-200mm F3.8-5.6
近くの釣り小屋を数羽の燕が飛びまわったり、木々の上で休んでいました。

e0000746_2324271.jpg
(9) pentax *istDs2+tamron 28-200mm F3.8-5.6
釣り小屋の中では燕の巣が。エサを待っているヒナがいました。(手ぶれです。)



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-19 23:30 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 19日

阿弥陀堂だより 浅葉野庵でおそば

あまりに天気がよくなりましたので、中央橋から阿弥陀堂へ行ってみることにしました。阿弥陀堂からの眺めをもう一度撮りたかったからです。それに棚田の先ののどかな田園風景と千曲川の風景は、何度見ても心を癒してくれるものなのでした。


e0000746_21343463.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
阿弥陀堂へ向かう坂の途中の道祖神。映画の中にもシーンが挿入されていました。

e0000746_21345421.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
阿弥陀堂から少し北側に歩くと棚田の向こうに千曲川が見えました。

e0000746_2135879.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4


e0000746_21361270.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
阿弥陀堂でdaisyも千曲川を望んでいます。

そんなこんなで、ちょうどお昼になりました。小菅神社の奥社の横に、「浅葉野庵」というおそば屋さんがありました。何にもないこんな田舎にとてもおしゃれなお店がぽつんとありました。

e0000746_21402960.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
入り口の門です。北鎌倉にありそうな感じですね。

e0000746_21404937.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
平屋のみはらしの良さそうなお店です。

e0000746_2141175.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
お店にはいると私たちだけでした。ガラス貼りの気持ちのいい席です。

e0000746_21411382.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
あまりお腹が空いてないので、ざるそば大盛りとおやきを二人で分け合いました。

e0000746_21412567.jpg
(9) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
庭にいたお店のおじさんが、ポツリと「山椒の実」といってくれました。初めて見ました。



おまけです。
道の駅「千曲川」の売店の奥で見つけました。
こちらでも「阿弥陀堂だより」が話題になっています。

e0000746_21583162.jpg
(10) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
実際に使用された小道具のようです。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-19 22:01 | 2006北信濃 夏の旅
2006年 06月 19日

JR飯山線の飯山駅へ

前回は「北の家」さんに泊まったものの、降りしきる雨のせいで市内観光もせずに、阿弥陀堂見学だけで帰ってしまいましたね。今日はゆっくりと他の場所も見て回ります。まずは観光案内所のある飯山駅へ。JR飯山線は1時間に一本程度しか走らないローカル線でした。


e0000746_20505355.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
飯山駅です。平日の昼間ですので、閑散としておりました。この季節なのにいい天気です。

e0000746_2051540.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
駅のホームを見たら、鐘突堂がありました。これって珍しいと思いませんか。

飯山は小京都とよばれるほど、城址公園のそばにお寺が多く点在しているそうです。飯山駅の近くに正受庵というお寺があり、そちらを訪ねました。

e0000746_20535234.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
正受庵の入り口、ロープが張っていて修理中とのことでした。「阿弥陀堂だより」では、この階段を登って、主人公の孝夫が先生の家に挨拶に行ったシーンです。

e0000746_2054469.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
登っていくと茅葺きの屋根が見えてきます。

e0000746_20541748.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
孝夫が登ってくると、先生は布団を干していました。
残念ながら本格的に修復工事をしていて、その雰囲気はありませんでした。

続いて、千曲川の中央橋にやってきました。
こちらは孝夫を美智子が川のほとりで、病気の美智子が胸を押さえてしゃがみ込むシーンでした。

e0000746_20591665.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
この近くの橋はすべて見て回りましたが、こちらで多分間違いないですね。

e0000746_2124286.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
このぐらいのアングルだったかと思います。

e0000746_2059465.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
橋からの千曲川。ゆるやかな流れで遠く日本海に注いでいきます。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-06-19 21:14 | 2006北信濃 夏の旅