ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2005那須紅葉の旅( 9 )


2005年 10月 30日

那須のステーキランチ

茶臼岳を登った後の昼食は、「那須牛」にしたい。なんて思ったのですが、意外にどこも混雑です。「安愚楽牧場」とあったので入ってみました。店内の雰囲気もなかなかいい感じです。



e0000746_181196.jpg
(1)panasonic DMC-LC1


e0000746_1813872.jpg
(2) panasonic DMC-LC1


e0000746_1832313.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
ヒレ200gの豪華版です。今回いちばん高いメニューでした。はは。

後は帰りながら温泉に寄って、鹿沼ICから東北道に乗りました。佐野サービスエリアで軽く夕食です。なんとここでも佐野ラーメン。意外にそれなりの美味しさでございました。

e0000746_1855094.jpg
(4) panasonic DMC-LC1

長い旅のお付き合い、ありがとうございました。
これから本格的に紅葉シーズンですね。皆様もお気をつけてお出かけくださいませ。




e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-30 18:09 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 30日

那須 つつじ吊り橋から明治の森へ

那須の茶臼岳を降りてきて、有料道路の出口で素敵な所がありました。「つつじ吊橋」は、今年できたばかりのようです。色づいてきた山々がここでも眺められました。名前どおりに来年の春には躑躅でいっぱいになるようです。



e0000746_17432712.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_17434647.jpg
(2) panasonic DMC-LC1

帰り道に道の駅「明治の森・黒磯」に寄ってみました。道の駅は月曜日定休でしたが、隣接した「旧青木周蔵那須別邸」は外観がけを見学。明治期に外務大臣を務めた青木周蔵によって建てられたドイツ式住宅とのことで、周辺の景色と溶け合って見事でした。

e0000746_17463058.jpg
(3) panasonic DMC-LC1


e0000746_174648100.jpg
(4) panasonic DMC-LC1


e0000746_17454410.jpg
(5) panasonic DMC-LC1

とまぁ、ココまではうまく旅も続けてきたのですが、さて本当に帰ろうとこの後田舎道を走っていたのです。


と、突然

「パン!パン!」車内に大きな破裂音がこだましました。

「ん?」「いったい何が?」二人ともビックリです。

よく見ると、

e0000746_1752496.jpg
(6) panasonic DMC-LC1

わかりにくいのですが、フロントガラスにヒビが…。
同じように運転席側にも…。どうやらトラックとすれ違いざまに石が飛んできたみたいです。

近くにHONDAがあったので、とりあえず聞いたらこのまま高速には乗れます。とのことで帰宅しましたが、結局フロントガラスを交換する羽目になりました。トホホです。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-30 17:47 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 28日

daisy in NASU

那須のdaisyは楽しそうです。いろいろな場所に行って、匂いを嗅ぎまくります。いつもの倍以上の運動量ですね。



e0000746_10514481.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_10515733.jpg
(2) panasonic DMC-LC1


e0000746_10521092.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
ロゴに使用したdaisyです。凛々しいでしょ。

e0000746_10522213.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
daisyがロープウェイに乗るときには、ケージが必要です。売店で300円で借りられました。台車つきでとても便利。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-28 10:53 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 28日

那須 茶臼岳へ

「ドルフガルテン・セピア」さんに別れを告げて、今回のメインテーマ「那須・茶臼岳」に登ります。ロープウェイ入り口まで、クルマで上がりますが、ウィークデイなのに渋滞してました。でも何とか早めにとめることができたので、daisyと一緒に山頂を目指します。



e0000746_10313064.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_10314955.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
途中で霧が出たりでまともに紅葉と青空は撮れません。

e0000746_1032978.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
肉眼で見ると綺麗なんですがねぇ。

e0000746_10355684.jpg
(4) panasonic DMC-LC1


e0000746_10355045.jpg
(5) カミさんの携帯
ロープウェイの駅から山頂まで約600mの登山です。途中半分くらいの距離まで行きましたが、これ以上はdaisyもいるし膝もガタガタきそうだったので断念。

e0000746_1036013.jpg
(6) カミさんの携帯
でもまじめに登ったんですよ。下のロープウェイの駅が小さく見えるでしょ。




e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-28 10:43 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 27日

ドルフガルテン・セピアに宿泊

日曜日の宿泊は「ドルフガルテン・セピア」さんです。場所は「南が丘牧場」の近くで、別荘地の中にあって緑が濃く生茂っていました。建物は翌朝撮ったものですが、ペンションには珍しく、鉄筋の白亜の3階建てです。月曜日の朝だけ晴れてくれました。東京ではずうっと晴れていたのに残念です。



e0000746_10482021.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_10483014.jpg
(2) panasonic DMC-LC1


e0000746_10484534.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
この天気が一日続いてくれたらよかったんですが…。


さてこの日の夕食は、スープは玉ねぎとチーズの濃厚なもので始まりました。魚は生のサーモンのスモーク仕立て、肉料理は牛タンのソテーでした。ソースが美味しかったこと。パンも手づくりで香ばしくてうんうん。

e0000746_1053925.jpg
(4) panasonic DMC-LC1


e0000746_1054175.jpg
(5) panasonic DMC-LC1


e0000746_10543292.jpg
(6) panasonic DMC-LC1


e0000746_1054451.jpg
(7) panasonic DMC-LC1

鉄筋の建物なので、天井が高いです。4mくらいの高さがある開放的な玄関ロビーになっていました。

e0000746_1055929.jpg
(8) panasonic DMC-LC1

朝食は、おかゆでした。まったく味付けのしていないおかゆに、トッピングが用意されていて、ほかにおかずが2種類です。中華のしょうゆ味の野菜の炒め物とクリームソース煮でした。朝からご馳走ですよね。

e0000746_10552649.jpg
(9) panasonic DMC-LC1


e0000746_1055403.jpg
(10) panasonic DMC-LC1


e0000746_10555577.jpg
(11) panasonic DMC-LC1


e0000746_1056474.jpg
(12) panasonic DMC-LC1



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-27 11:03 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 27日

那須温泉 鹿の湯へ

日曜日のせいで、那須の茶臼岳は大混雑です。お楽しみの紅葉は明日にして、今日は、那須湯本あたりで温泉神社から殺生石を見に行きました。草津温泉の「賽の河原」に似ています。

e0000746_9302843.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_9304335.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
殺生石の名は、この辺りの石から硫化水素や亜硫酸ガスなど毒気が発散されていたことから。九尾の狐の妖怪が石に化け、近づく者に毒気を出して命を奪ったという伝説もあるそうです。

e0000746_931473.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
謎めいた不思議な空気がただようこの周辺には、「千体地蔵」というお地蔵様の列が並んでいてインパクトがありました。

e0000746_9311871.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
何も私に向かって、拝まなくても…。

古くからの湯治場として、有名な那須温泉。その中でもいちばん有名なのが、「鹿の湯」は殺生石のすぐ隣りにあります。すごい硫黄の匂いのなかで、湯治場そのものの雰囲気でした。

e0000746_9375077.jpg
(5) CONTAX TVS DIGITAL
川底は硫黄の色で真っ白です。湯の花がとり放題みたいに見えますね。

e0000746_938759.jpg
(6) CONTAX TVS DIGITAL
向かって左が女湯、右が男湯です。

e0000746_9381632.jpg
(7) CONTAX TVS DIGITAL
中に入ると、6つのぎりぎり大人6人が入れる湯船があるだけです。41度・42度・43度・44度・46度・48度に分かれていて、さすがに48度は入れませんでした。それでも少し入っただけでも、温泉が濃いって感じです。硫黄の匂いが体に染みてしまいました。

e0000746_9382524.jpg
(8) CONTAX TVS DIGITAL
川の上の廊下部分で、ほっとして、ぐったりでした。やっぱり温泉っていいですね。




e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-27 09:46 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 26日

瑞穂蔵のおこげご飯

もみじ谷大吊橋を後にして、塩原の温泉街を過ぎ那須に入って、まずは千本松牧場へ。犬連れOKでレストランあり、スポーツ施設ありのまぁ、平地の「マザー牧場」といったところでした。



e0000746_1312023.jpg
(1) panasonic DMC-LC1

ちょうどお昼になりましたので、那須牛などいただこうと思いましたが、その目指したお店が長蛇の行列です。あきらめて、「瑞穂蔵」 というお店で昼食にしました。動物性蛋白のない精進料理といったところでしょうか。でもなかなかいいお店です。

e0000746_1312219.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
なかなか大きな農家のつくりです。雰囲気がいいですね。

e0000746_1313737.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
お米屋さんが経営しているとか。

e0000746_1315748.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
中の天井が丸見えで、新しい材を使用していますが、それがわざとらしくなくていい感じです。

e0000746_1322182.jpg
(5) panasonic DMC-LC1
入ったところが土間になっていて、広い板の間にテーブルがたくさん並んでいました。

e0000746_1323870.jpg
(6) panasonic DMC-LC1
お櫃に入ったおこげ付のご飯が最高に美味しいです。左下の温泉卵は納豆と選べました。これだけで2膳いただきました。きのこあり、煮豆あり、焼きなすがあり、豆腐のお味噌汁ありで、すべてのおかずがご飯にあっていて、ご馳走でございました。お値段は1050円(税込み)。

オマケです。「白滝」の茶店でいただいた、「おでん」「味噌おでん」がとても美味しかったので掲載します。この大根は高原大根という名産だそうです。現物をみたら桜島大根のように大きくてまあるいものでした。この時間で朝の8時30分、気温は10度以下。寒かったので、とてもありがたかったのです。

e0000746_13113724.jpg
(7) panasonic DMC-LC1




e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-26 13:13 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 25日

回顧の吊橋ともみじ谷大吊橋

日塩もみじラインを紅葉谷の大吊橋を目指して進みます。着くその前に、「回顧(みかえり)の吊橋」というのがありました。木製の吊橋でなかなかの景色です。



e0000746_1351930.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_1355648.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
揺れながら写真を撮るのは難しいです。カミさんに「へっぴり腰!」といわれました。

e0000746_136660.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
ほんの少しずつ、色がつきはじめた感じです。待ちきれない観光客(私たちも含め)だけが盛りのときをイメージしながら渡っております。

そのすぐ近くにもみじ谷大吊橋がありました。「日本一の空中散歩」をキャッチフレーズとするこの橋は、那須塩原温泉を流れる箒(ほうき)川にかかる大橋。全長320m、無補剛桁歩道吊橋としては日本一の長さを誇る吊り橋とのことです。

e0000746_1364372.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
行って帰って300円也。daisyと一緒に渡りましたが、ただの観光用なので、紅葉がなければ洒落になりませんね。

e0000746_137573.jpg
(5) panasonic DMC-LC1
320mもある上に、途中はご覧のように下が丸見えです。高いところが苦手なので、下を向かないように歩きました。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-25 13:11 | 2005那須紅葉の旅
2005年 10月 25日

日塩もみじライン

日曜・月曜と一泊二日で、紅葉狩りを楽しみに那須へ行ってきました。
久しぶりにブログを休みました。すみません。
朝4時起きで東北道を北上、鹿沼ICで降りて鬼怒川を抜けていきます。鬼怒川温泉は子供たちが小さい頃に、遊びにいった思い出があり、カミさんとそんなことを話しながら車窓を眺めておりました。そのまま鬼怒川公園駅を過ぎて、名所の日塩もみじラインを塩原に向かいます。



e0000746_12113056.jpg
(1)panasonic DMC-LC1
残念ながらまた一週間ほど早いみたいで、今ひとつの紅葉。太閤おろしの滝も水の流れは綺麗ですが、赤くなっていませんでした。

e0000746_1216094.jpg
(2) panasonic DMC-LC1


e0000746_1212243.jpg
(3) panasonic DMC-LC1


e0000746_12122527.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
その先の「白滝」です。こちらでは少しだけ色づいています。

e0000746_12124563.jpg
(5) panasonic DMC-LC1
こんな感じで、那須の方は紅葉が楽しめるのでしょうか。まだ早いのでしょうかね。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-10-25 12:20 | 2005那須紅葉の旅