カテゴリ:2005晩秋の茨城( 3 )


2005年 11月 28日

奥久慈名物 軍鶏料理などを…

袋田の滝へ行った日曜日。奥久慈では軍鶏(しゃも)料理が名物だそうです。大子駅前の観光案内所で紹介してもらって駅から5分ほどのところにある「弥満喜」さんでいただきました。左側の蔵の部分が厨房のようです。店内も落ち着いた感じで、奥にはお座敷もあるようでした。



e0000746_10462942.jpg
(1) CONTAX TVS DIGITAL


e0000746_10464498.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
女将さんにお奨めといわれた「軍鶏すき鍋」と「軍鶏の照焼き・塩焼き」をお願いしました。

e0000746_1048939.jpg
(3) CONTAX TVS DIGITAL
こちらが「照焼き・塩焼き」(1500円)です。肉に歯ごたえがあり、風味がありますね。

e0000746_10492659.jpg
(4) CONTAX TVS DIGITAL
すき鍋(二人で3000円)といっても、最初は鍋の上でバターとにんにくが溶けていきます。肉をある程度焼いて中の赤味が残った状態でOKだそうです。「軍鶏」って、弾力のあるとても美味しいものです。

e0000746_10501415.jpg
(5) CONTAX TVS DIGITAL
つけ卵も「軍鶏」のものです。黄身の張りが違いましたね。殻も固いです。

e0000746_10503130.jpg
(6) CONTAX TVS DIGITAL
あまり煮ちゃうと堅くなるので、肉に火が通ったらいただきます。

e0000746_10504439.jpg
(7) CONTAX TVS DIGITAL
うどんが茹でたてのままで、きたので湯気が立っています。これがとても美味しくなります。

ちょっと贅沢なお昼ご飯でしたが、本当に美味でございました。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-11-28 10:57 | 2005晩秋の茨城
2005年 11月 27日

月待ちの滝から竜神大吊橋へ

袋田の滝を後にして、昼食の後は「月待ちの滝」へ。大子駅前の観光案内所で聞いて出かけました。地主のおそば屋さんが、観光用に公開しているようです。すぐそばに「りんご園」もありました。



e0000746_748531.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_7491521.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
右側の建物がお蕎麦屋さん。滝を見ながら食べるそばは美味しそうで、席に座るのは40分待ちの混雑でした。

e0000746_7493063.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
袋田の滝とは比べられないのですが、それなりに見ごたえが。右側にもアンダーで見難いのですが、滝があるんですよ。

e0000746_7494586.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
滝の裏側に行くことができます。ちょっとうれしい。


その後は、竜神大吊橋。奥久慈県立自然公園に位置し、歩行者用としては日本最長の吊橋が竜神峡(竜神ダム)をまたいでかかっています。長さ375mの展望台となって紅葉の大自然を一望。とありましたが、日本一の吊橋っていろんな所にありますね。

e0000746_7502657.jpg
(5) panasonic DMC-LC1
料金300円を払って渡っている途中、床が強化ガラスで下が丸見えのところがあります。コワイです。

e0000746_7504647.jpg
(6) panasonic DMC-LC1
下のダムまで相当な高さです。コワイです。

e0000746_750587.jpg
(7) panasonic DMC-LC1

帰りの夕食のときに「臨時ニュース」でお伝えした件に繋がってしまいます。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-11-27 07:54 | 2005晩秋の茨城
2005年 11月 26日

奥久慈へ 袋田の滝

20日日曜日の朝、距離の関係で行くのを躊躇していた「袋田の滝」へ出かけました。
茨城県北部、もうすぐ福島県の県境です。躊躇していたのは我が家から190km以上あるので、本来は一泊旅行の距離なのです。朝4時起床、4時30分出発の強行軍。おかげで夜が明けたばかりの7時30分には到着してしまいました。色温度の関係で青っぽい「袋田の滝」です。すごい冷え込みです。周辺のお店もまだオープンしていません。



e0000746_2283322.jpg
(1) panasonic DMC-LC1


e0000746_2285261.jpg
(2) panasonic DMC-LC1
この滝の観瀑台には、一人300円のトンネルを歩いていきますが、受付が朝9時からなので、無料で行くことができました。ラッキー!

e0000746_2291528.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
このトンネルを抜けると、皆さん滝を見るなり、「オーッ」と声を上げています。

e0000746_2210337.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
「袋田の滝」は久慈川の支流にある高さ120m、幅73mの巨大な滝。那智の滝、華厳の滝と並び、日本三名瀑の一つと言われています。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度の滝」と呼ばれているそうです。流石にスケールが大きいです。

e0000746_22105498.jpg
(5) panasonic DMC-LC1
この観瀑台から下を見ると、秋の景色の中の吊り橋が望めます。

e0000746_22102251.jpg
(6) panasonic DMC-LC1
吊り橋の方から観瀑台を見ると、滝の大きさがよくわかりますね。

e0000746_22112156.jpg
(7) panasonic DMC-LC1
もう少し離れた、滝見茶屋の方からのアングルです。けっこう朝早くだったので、とても空気の
冷たい中での撮影でした。





e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2004-2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2005-11-26 22:21 | 2005晩秋の茨城