ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2005初秋の大谷を訪ねて( 5 )


2005年 09月 26日

栃木県 下都賀郡壬生町で道草を

宇都宮で餃子をいただいた後に、江戸の歴史と情緒の漂う街並みが残る栃木市へ向かいました。この街は2003年の晩秋に訪れたことがあります。カメラも違うので、もう一度と思いました。ところが道すがらに壬生の街を通りかかると、メインストリートには電柱もなく「壬生藩医学の街 蘭学通り」のフラッグが並んでいて、とても素敵な家々が軒を連ねていました。



e0000746_1181941.jpg
(1) panasonic DMC-LC1
静かな佇まいがいい感じです。

e0000746_1184248.jpg
(2) panasonic DMC-LC1


e0000746_11113136.jpg
(3) panasonic DMC-LC1
お豆腐屋さんでした。美味しいんだろうなぁ。

e0000746_11115633.jpg
(4) panasonic DMC-LC1
古いけど、守っていきたい家のつくりですね。

壬生は「とちぎの女峰・とちおとめ」の苺栽培が盛んで、特に干瓢は江戸時代から栽培され、野州干瓢の発祥の地として知られているそうです。そういえば干瓢の海苔巻きって食べてないなぁ。

壬生城址
[PR]

by arizo02 | 2005-09-26 11:24 | 2005初秋の大谷を訪ねて
2005年 09月 16日

食の冒険 餃子とラーメン

大谷石の街をあるいてから、昼食は宇都宮市街で餃子をいただくことにしました。餃子の消費額日本一ということで、「日本一の餃子の街」の看板がいたるところにあります。先日の入間の「デカ盛り」のお店と同じ情報源で今度はビッグサイズの餃子のお店に挑戦です。お店の看板では「びっくり餃子と書いてあります。「びっくり餃子」5個で350円、「ジャンボびっくり餃子」5個で500円。値段的にはフツーですよね。



e0000746_9503388.jpg
panasonic DMC-LC1
オープンなお店で、ドアが開けっ放しなので夏は暑いです。

e0000746_9504344.jpg
panasonic DMC-LC1
写真では大きさが分かりにくいですが、割り箸や香の物のお皿で比較してください。お皿は40cmくらいありました。左が「びっくり餃子」右が「ジャンボびっくり餃子」です。右の方はバナナみたいです。これとライスを半分ずつ、カミさんと二人でがんばって完食しました。ふう。


帰りは佐野ICから東北道に乗りましたので、夕食は「佐野ラーメン」です。おいしいラーメン屋さんはないかと…。いろいろガイドブックを頼りつつ、今夜は「森田家本店」ということになりました。駐車場もひろい50人以上は入れる大きなお店です。(夜なのでお店は撮れませんでした。)


e0000746_1005753.jpg
CONTAX TVS DIGITAL
美味しそうでしょ。ちょっと柔らかな麺が特長のようです。あっさりめのスープで、チャーシューの味が濃いめです。とてもいいバランスで美味しかった。お昼が食べすぎですのでちょうどいいです。

e0000746_1015870.jpg
CONTAX TVS DIGITAL
お店のなかで、懐かしい自動販売機発見。ビンのコーラのやつです。右に栓抜きが付いているのは久しぶりに見ました。

ところで、栓抜きが必要なビンのものって、いま何があるかすぐに言えますか?
意外に私たちは浮かばなかったんです。これってクイズになりますかね。

答えられますか。
[PR]

by arizo02 | 2005-09-16 10:07 | 2005初秋の大谷を訪ねて
2005年 09月 15日

ペットが入れない ろまんちっく村

daisyを連れて行ったので、どこかで遊んであげなければなりません。大谷近くの宇都宮農林公園「ろまんちっく村」に寄ってみました。46ヘクタールの広大な敷地に地ビール工場・温泉・熱帯植物園・レストラン街などや四季の森・広場・農業体験施設などがある素晴らしい綜合施設です。残念ながらペットは入園できないので、隣りにあったペットも遊べるさわやか広場(ろまんちっく村の敷地内)に行きました。



e0000746_94115100.jpg
panasonic DMC-LC1
広い芝生の広場です。daisyが独り占めできました。

e0000746_9413719.jpg
panasonic DMC-LC1
模型飛行機が飛んでいたので、daisyが不思議に空を見つめています。不可解なのでしょうね、尻尾が下がっています。飛行機が画面に収まっていたらよかったんですが。

e0000746_9415476.jpg
panasonic DMC-LC1
隣りのハーブ園もすごく広いです。

オマケのグリムの森
[PR]

by arizo02 | 2005-09-15 09:48 | 2005初秋の大谷を訪ねて
2005年 09月 12日

徳次郎 西根

大谷から少し北へ。徳次郎(とくじら)町の西根集落は、大谷石で造られた建物が集中しています。西根が大谷石の集落になったのは、江戸の末期から明治の初めにかけてなんだそうです。この集落の東西を走る道の両側に大谷石でできた家が十何軒も並んでいて、ちょっと壮観な感じです。建物それぞれに蔵や母屋まで、多くの部分に大谷石が使われているのは、他では見られないのではと思いました。



e0000746_1444124.jpg
panasonic DMC-LC1


e0000746_14442495.jpg
panasonic DMC-LC1


e0000746_14445056.jpg
panasonic DMC-LC1


e0000746_14452017.jpg
panasonic DMC-LC1


e0000746_14454248.jpg
panasonic DMC-LC1
帰り際にトラクタが道の向こうから。トラクタに乗ったおばさんは、そのまま右側のお宅に入っていきました。観光地になっていない、のどかなところではあります。

細かいところが見てみたい方は…
[PR]

by arizo02 | 2005-09-12 14:50 | 2005初秋の大谷を訪ねて
2005年 09月 12日

石の里 大谷

宇都宮市の西北部に、宇都宮の特産物「大谷石」を産出する町「大谷」があります。子供のころには、近所の大きな家にはこの大谷石の壁がありました。普通は垣根とか板塀でしたよね。大谷石は私にとっては「お屋敷」とか「お金持ち」のイメージが、いまでも残っています。10日土曜日の旅、まずは最初に大谷公園に。ここには自然の岩壁に彫られた高さ27mの平和観音がありました。



e0000746_103155100.jpg
panasonic DMC-LC1
戦没者の慰霊と世界平和を祈念して昭和23年より6年をかけて、総手彫りで製作されたそうです。階段を上ると大谷の町が一望できるとのことですが、工事中で眺めることはかないませんでした。

e0000746_1032732.jpg
panasonic DMC-LC1


すぐ近くの景観公園に着くと、いきなり大谷石の岩壁が連なる奇観が一望でした。
e0000746_1032547.jpg
panasonic DMC-LC1


e0000746_103351.jpg
panasonic DMC-LC1


大谷石の採掘の歴史がわかる資料館に訪れると、ここにも大景観が。山自体が大谷石でできているのが良く分かりますね。
e0000746_10355481.jpg
panasonic DMC-LC1

資料館の地下採石場跡はこちら…
[PR]

by arizo02 | 2005-09-12 10:39 | 2005初秋の大谷を訪ねて