ARIZO PHOTOPIC

arizo02.exblog.jp
ブログトップ

タグ:小布施 ( 6 ) タグの人気記事


2006年 11月 04日

小布施の街でイタリアンの昼食を

観光客でごった返しの小布施の街でした。街の中心の駐車場ではひっきりなしに大型バスが何台も発着して大勢の観光客をはき出しています。春に来たときは平日だったので、人も少なくのんびりと歩いた素敵な街だったのに…。



e0000746_2029408.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
六齋市の会場ではこちらのお祭りで使われるのでしょうか、山車も飾られていていました。

e0000746_20301352.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
「栗の小径」は中心街からすぐの路地なのですが、袋小路に見えるせいかあまり観光客が通りません。ここだけは静かに時間が流れているように感じました。

e0000746_2030176.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
春に昼食をいただいた「蔵部」。お店の前は黒山の人だかりでした。

e0000746_20303776.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
結局、栗の小径に面したテラス席のある小布施堂のレストラン「傘風楼」で、ランチをいただきました。daisyも一緒に入れてラッキーです。

e0000746_20304486.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
風もなく暖かい木漏れ陽のなかで美味しくパスタをいただきました。これにサラダ、フォカッチャとアイスコーヒーで1,000円。雰囲気だけでもそれだけの価値がありました。うれしくなっちゃいました。

e0000746_20305492.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
いい感じのテラス席です。(こちらの(5)(6)が外から撮ったものです。)



この後、午後からはゆっくりと帰宅の途に。長野道から中央高速で約280kmの長いドライブとなりました。倫さんには少しあわただしい旅をおつきあいいただきました。途中渋滞もあり疲れちゃいましたね。



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-11-04 21:04 | 2006北信濃 秋の旅
2006年 11月 04日

木島平から小布施へ

二日目も天候に恵まれた木島平の朝でした。それほど冷え込まなかったのか高原なのに、肌寒さは感じませんでした。


e0000746_1816956.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
気持ちのいい高原の朝です。

e0000746_18161880.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
まんなかの建物が「ビッグフォレスト」さん。冬なら本当にゲレンデの真ん前です。

e0000746_18162854.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
朝ご飯です。イタリアンではありません。わたしはこの方がうれしかった。でもお昼ご飯やおやきのことを考えて、ご飯のお代りは自重したんですよ。

e0000746_18163644.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
こちらの宿のスーパーヒロイン、クーちゃんです。いつもノーリードで自由に暮らしているそうです。daisyとは仲良くできなかったけど、お客さんが大好きだそうです。無表情で歩き回っているのを見ていると、スタジオジブリの「耳をすませば」の猫ムーンによく似ていました。


木島平を後にして、北信濃の街小布施に向かいました。栗のお菓子で有名なところですが、今年の春に訪れてあまりに綺麗な街に感動しました。この感動を倫さんにも、味わっていただきたいと思っておりました。しかし小布施の街に近づいてみると、なんだかすごいクルマの量、そして交通規制まで…。


e0000746_18164621.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
この土・日とイベントが開かれているようでした。

e0000746_1816544.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
小布施には江戸初期から市が立ち、毎月3と8の日の計6回開かれたことから「六斎市」と呼ばれていたそうです。おぶせ六齋市2006というイベントは、今年が北斎館30周年・高井鴻山生誕200年を迎えるということで催されたものだそうです。




e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-11-04 18:40 | 2006北信濃 秋の旅
2006年 04月 27日

再び小布施で 蔵部の信州牛を

昨日の小布施の街で、気になっていた「蔵部」というお店。東京・築地あたりだったら高級割烹というか料亭の雰囲気です。瓦屋根のおしゃれな佇まいに、やっぱりここで昼食をとりたいと思いました。実はここは升一市村酒造場という造り酒屋さんのお店です。また小布施堂という和菓子屋さんが母体となっているとのこと。だから街角全体の調和がとれているんですね。



e0000746_1112298.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
予備知識なしで連れてこられたら、ちょっと入りにくいかもですね。

e0000746_11121499.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
なんだかますます格調高いです。

e0000746_11123055.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
店内から眺める中庭です。

e0000746_11124516.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
店内の中央にある厨房、そろいの升一市村酒造場のはっぴで、何ともかっこいいですね。
三升炊きの竈ご飯はとても美味しいものでした。

e0000746_11125736.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
酒蔵を店舗にしたので、とても高い天井です。

e0000746_1113957.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
極上信州牛のランチをお願いしました。まずはおちょこ一杯の地酒ともずくです。

e0000746_11132272.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
薄切りの信州牛。柔らかくて風味がありました。岩塩、わさびでいただきます。

e0000746_1113344.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax 16mm-45mm F4
デザートです。美味でありました。
この日の昼食は、雰囲気といい、味といい満足のいくものでした。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-27 11:27 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 25日

信州へ来たらおやきを食べなきゃ

国の重要文化財に指定されている「浄光寺」は、善光寺平では一番古い木造建築物。(室町初期建立600年前)薬師堂に続く静かな参道はおよそ150m程あり癒しスポットとして有名です。境内地に湧き出る後霊泉は地元の方がペットボトルを大量に持ち込んで汲んでいました。でも本当は「大こくお八起」という茶店のおやきの看板に誘い込まれました。カタチがまんまるでないのが意外でしたが、オーブンの直火で焼くという現代風の作り熱々で美味しかったです。


e0000746_23213881.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
浄光寺の入り口です。左側に「大こくお八起」のお店がありました。

e0000746_23215387.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
薬師堂に上がる階段。登りにくそうですが、石段のラインを下から眺めるとまっすぐに見えるとか。

e0000746_2322533.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらのおやきは小判型なんですね。こういうおやきもあるんです。


こちらは小布施堂の近くのおやきのお店「北斎茶屋たなか亭」さんのおやき。これもとても美味しい。
e0000746_23221749.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
丸いおやき、定番ですね。個人的には「野沢菜」がいちばん美味しいと思います。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-25 23:32 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 24日

小布施 泉石亭で栗おこわとお蕎麦を

小布施の和菓子の老舗、桜井甘精堂本店に隣接した泉石亭で、この日の昼食をとることにしました。窓際の席で、日本庭園を眺めながらいただく栗おこわと蕎麦のセットは絶品の美味しさでした。外の日本庭園の奥には栗の木美術館という無料のギャラリーまでありました。


e0000746_21593576.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
右側が桜井甘精堂の売店、左側が泉石亭さんです。瓦屋根の連なりが素敵です。

e0000746_23434680.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
奥の日本庭園が見える席に案内してくれました。苔の緑が目にしみます。

e0000746_220591.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
照明もなかなかいい感じであります。


e0000746_2211343.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
栗おこわとお蕎麦のセット。向かいのカミさんの方は天ぷらせいろです。名産のアスパラの天ぷらが美味しいです。
栗おこわ、さすがに名物だけあってとても美味でありました。もちろんお蕎麦も見た目通りの美味しさで、信州へ来てやっとお蕎麦がいただけました。

e0000746_2212456.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
どうですか。この日本庭園の美しさ。

e0000746_234595.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
左側の白い壁が栗の木美術館、木戸を抜けると栗の木テラスに行くことができます。


e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-24 22:09 | 2006北信濃 春の旅
2006年 04月 24日

栗菓子と葛飾北斎ゆかりの街 小布施

北信濃の街、小布施は昨年の春、長野の松代を訪ねた際に、できれば寄りたいなと思っていて、残念ながら時間の都合で断念した街です。今回はあんずの里とこの小布施の街がメインの旅なんです。あまりに街並みの綺麗なところなので驚きました。


e0000746_21262940.jpg
(1) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
おしゃれな雑貨屋さんでした。

e0000746_2122122.jpg
(2) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
新聞屋さんですね。

e0000746_21222979.jpg
(3) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
老舗の造り酒屋さん、枡一市村酒造場です。

e0000746_21224598.jpg
(4) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
小布施堂の栗のお菓子工場、美術館みたいですね。

e0000746_21225990.jpg
(5) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
こちらは和菓子の小布施堂ですが、お店の中に入るとすごいおしゃれなレストランになっています。

e0000746_23511960.jpg
(6) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
小布施堂のレストランのテラス席です。信州の田舎町には見えませんね。

e0000746_21232140.jpg
(7) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
栗の木テラスという洋菓子がいただける紅茶のお店です。

e0000746_21235042.jpg
(8) pentax *istDs2+pentax16mm-45mm F4
蔵部(くらぶ)という和食のお店です。高級割烹の雰囲気です。



e0000746_11375437.jpg




copyright(c)2006 arizo02 all right reserved
[PR]

by arizo02 | 2006-04-24 21:36 | 2006北信濃 春の旅